雨のふり方

iku先生へのお問い合わせ[ iku@yoga-dewdrops.com ]

こんにちは!
iku@dewdropsです。

こちら東京ではひさしぶりの雨で、
過ごしやすい気温です。

用事があって車で出かけた際に
ふと窓の外に降り注ぐ雨をみていたら・・・
雨のふりかたっていろんな呼び方があるけれど、
実際どれくらいあるのだろ?と思いました。

私が見た雨は、とぎれぬ絹糸のように
柔らかく風にゆられて、とてもキレイ。

ザーザー力強く降る雨も、
絹糸のようにやわらかく落ちる雨も
同じ雨には変わりない。

人間も一緒ですね。

どちらがいいとか悪いとか
どちらがすぐれているとか劣っているとか
どちらが正しいとか間違っているとか。

同じ人間に変わりはないのです。
「そのひと」自身、
それ以上でもそれ以下でもない。
(・・・と言っている私もまた、ただのひとりの人間です。)

批判することが大好きな種類の人もいます。
自虐的であることに安心感さえもつ人もいます。
でも、そういった負のエネルギーにひっぱられながら
過ごす時間も、また大事なひとときに変わりないのです。
そういったエネルギーにひっぱられず、
まぁ、まぁ、それはさておき、また違う視点から
ものごとをとらえることができるようになると
全体的にピースフルな世の中、になるのにな~、と
静かにおちる雨をみながら、ジャスミン茶をひとくち。

あ、もう青信号!
急に現実界へ引き戻された、ikuでした。

iku@dewdrops,TOKYO

コメントをどうぞ