キッズヨガの主役、それは子供たち☆

iku先生へのお問い合わせ[ iku@yoga-dewdrops.com ]

こんばんは!
iku@dewdropsです。

今日は、キッズヨガの主役である、子供について考えてみたいと思います。

子供は、家での顔・学校での顔・習い事のときの顔・友達どうしでいるときの顔、と
様々な顔を持っています。嘘をついているとか、とりつくろっているとか、というのではなく
自分のいろんなキャラ・側面を、その場面に応じてみせているという感じ。

家では、こんな頼りないのに、学校では意外とがんばっているんだ~。
とか
友達の前では、けっこう調整役やってるんだ~。
など。

親はこどものすべてを知っていると考えがちだけれど
こどももいろんな側面を持った、とても人間味のある独立した個人であり
そういうのを、ぜ~~んぶひっくるめたのが「ひと」なのだな~と。
決して親の所有物ではナイノデス。

そんな子供たちに、深い愛情を注いでやり、いろんな可能性が花開くようにタネをまき
認め、励まし、時には厳しく正しい道を説き、優しいまなざしで見守り続ける。

親って大変責任のある存在ですよね。大変だ。(笑)
とはいえ、これほどの偉業を毎日まいにち当たり前にやっている
パパやママって、何より「愛」のかたまりです。
毎日お疲れ様!(もちろん、ワタシもパートナーも(*^_^*))

そうやって育ててもらったことを考えると、私自身の両親や祖父母たちに
感謝しても感謝しきれません。そしてパートナーのご両親にも同じように思ってます。

彼らは、自分のこどもたち(私たち夫婦)を育てたのちは、
祖父母として子供が育つのを深い愛情をもってサポートして下さっています。
おそらく、我が家だけではなく多くの家庭がそうして頂いていることでしょう。
そうでなくても、周りのサポートがあって、いろんな関係性の中で
こどもが育つのは、とても素晴らしいことです。

キッズヨガクラスをさせて頂けるということは
多かれ少なかれ、そのファミリーとの間に
たいせつなつながりが生まれているということ。

そんな、ひととのつながりを、たいせつにしていきたいと思います。

☆iku☆  @dewdrops,TOKYYO

コメント / トラックバック1件

  1. […] blog本文はこちらから […]

コメントをどうぞ