被災地のこども

iku先生へのお問い合わせ[ iku@yoga-dewdrops.com ]

たびたび登場のiku@dewdropsです。

地震、津波により災害にみまわれた方へココロからお見舞いを申し上げます。
また、現在、避難所などで避難生活を余儀なくされている方、
お気持ちはいかばかりかとお察しいたします。

ニュースで小学校などの避難所の様子を拝見いたしますと
ご不便な生活をせざるをえない状況、ホントにココロが痛み入ります。
中でも、カラダのムリがきかない方、小さなお子様、そして、
それを支えるご家族の方に少しでも何かお手伝いできることはないかと
ずっとずっと考えています。

出来れば、すぐにでも駆けつけ、みなさんが少しでもラクになれるように
ヨガをシェアしたり、キッズヨガで子供たちのココロを癒したい。
でも、現時点でボランティアとして個人が出向くことはできません。

私はキッズヨガのteacherなので、ニュースの映像の中でも特に子供たちの姿が印象に残っています。
子供たちは、正しく現状を把握する力はまだ持ち合わせていないかもしれないけれど
子供たちは、「未来への希望」です。
みなさんの命がいまここにある、それだけで素晴らしいことです。
みんなで知恵を出し合い、力を合わせて、支え合い、
ともに頑張っていければ、と思っています。

私は東京に住んでおりますので、実際に地震で自宅は揺れたものの
被害があった訳ではないので「被災者」ではありません。
でも、被災地の方々の気持ちを察し、おしはかることはできます。
そして、今日から始まる輪番停電によって、そして実際に節電を徹底することで
被災地のみなさんと同じような当事者として、この日本の状態を考えていきたいと
思っています。そして、子供たちにもそのように話をしています。

被災地、そうでない地域に限らず、子供たちは
どちらもかけがえのない
「未来への希望」です。

キッズヨガに携わるものの一人として、具体的に何ができるのか
決まったら早くこちらでお知らせしたいと思います。

そして、被災地のみなさん。
ストレスマネージメントの観点からも
ヨガの呼吸は理にかなっています。
ぜひ、カラダをほぐし、深く呼吸してみてください。

そして、被災地でないところのみなさん。
ぜひ、TVや電気を消して、深い呼吸でココロを静めて、
被災された方へ、あなたの優しいココロが届くように
祈りの気持ちを持って静かに座ってみて下さい。

みんなココロは一緒です。
共にあります。
ぜひ、希望を失わないでください。
未来への希望である、子供たちのココロを守ってください。
お願いします☆

☆iku☆ @dewdrops,TOKYO

コメントをどうぞ